Loading...
Home2021-10-05T15:32:26+09:00

Sports x Career

プロ挑戦も、その後のキャリアも、本気で追求する。

スポーツを武器に海外へ挑戦する選手を、WithYouは応援しています。

It’s never too late to start over. 

日本に生まれ、暮らす人々にとって「海外で生活すること」は、まだまだ特別。

でも、

ほんのちょっと知識を持ったら、

少しだけ海外と日本の違いをあらかじめ理解できたら、

そして日本で磨いた自分のプレーを、

地球のどこかのチームが、見たこともないチームメイトが、待っているとしたら。

サッカーとともに、

広い世界へ一歩を踏み出してほしい、外から見た日本の良さに気づいてほしい。

その「ほんのちょっと」の部分をお手伝いできたらと思って、WithYouは始まりました。

WithYouのサッカー留学サポート

アメリカの大学サッカー留学や奨学金獲得、そして海外プロへの道を、トライアウト・ チーム交渉・キャンプなどの方法でサポートしています。

アメリカ300チーム以上と交渉中。リクルート専門チームが選手の可能性を広げています。

よくある質問

例1:四年制大学に進学し、卒業までにじっくりと英語力を高めつつ、専攻分野の勉強、スポーツに取り組む。

トライアウトに参加し実力を示す、WithYouのネットワークで候補大学を選ぶなどして、選手の実力(スポーツの実力と英語力、資金力)に応じた大学に入学。4-5年かけてじっくり自分の実力をつけていきたい方におすすめ。

例2:短期大学(二年制大学)に進学し、英語・専攻分野・スポーツの力を見極めつつ、自分の向いている分野を見出す。

将来、プロのアスリートを目指すのか、英語や専攻分野を活かしていくのかまだ未定であるだけでなく、自分が海外に向いているのか分からない方におすすめ。四年制大学よりもレベルが低いのは事実だが、スタートアップには適した環境。

例1:プロ・セミプロのトライアウトに挑戦する。

各スポーツ分野で開催されているトライアウトに挑戦する。オープントライアウトであればだれでも参加が可能で、参加する選手のレベルもまちまち。事前の審査を経て、一定レベル以上の選手だけに声がかかる招待トライアウトも。トライアウトの前後に語学プログラムを組み合わせ、2-3都市の訪問を楽しんだり、英語の勉強のきっかけにするのもよい。

例2:四年制大学・短期大学のトライアウトキャンプに挑戦する。ここで奨学金付合格を勝ち取り、現地に滞在し英語力を高めつつトライアウトや練習参加を勝ち取る。

プロほど、大学のセレクションは厳しくない。そして、国内で活躍している選手にスカウト陣の目が向きやすいのも事実。アメリカで挑戦したい選手は、はやいうちにアメリカで実践を積むことが、プロへの第一歩につながりやすい。大学の全額奨学金は、日本の新卒給与額に匹敵する価値がある。

例1:英語コースからスタートできる学校・地域を選び、留学。

取り組んできたスポーツを通して世界を広げていけるチャンス。カレッジスポーツのレベルは様々。自分のレベルや予算に見合う場所で、プログラムを選んでいくことができる。

例2:短期留学を希望するなら、2~6週間のトライアウトキャンプやユースキャンプに参加する。

夏の短期留学を希望する日本人留学生は非常に多く、一般的な語学留学では日本人と仲良くなって終わってしまうケースも多い。また、語学学校にいるのは外国人だけであって、現地の人々ではない。もし、現地で同じスポーツをする仲間と触れ合いたい、自分の実力を確認したいと考えるなら、トライアウトやキャンプと語学留学を組み合わせるのがよい。

緊急度・重要度に応じて、選手、保護者、アメリカのチーム、日本のチームと連携し、留学中の選手へもサポートを行っています。

もっと質問を読む

Withyou 最新ニュース

トライアウトなど、情報満載。

800 人 以上の Withyou サポート留学生が挑戦し、世界を経験しています

Let’s get it started.

まずは問い合わせる

会社情報 – 株式会社 WithYou

Go to Top